アロマセラピーか、アロマテラピーか?

アロマセラピーか、アロマテラピーか?

よく聞くアロマセラピーとアロマテラピーの2つの言葉、どっちが正しい呼び方なのでしょうか?

アロマセラピーという言葉は、1937年にフランスのガットフォセによってつくられたといわれており、ギリシャ語からの造語です。

ガットフォセとは、フランスの調香師、香料及び香粧品の研究者であり、1937年に、精油の医療面での利用を扱った本(アロマテラピー、芳香療法)を発刊し、

同年に精油と芳香物質の「消毒・防腐・殺菌」の特性にテーマを絞り、Antiseptiques essentiels を発刊しました。

フランス語ではAroma thrapieで、フランス語的に発音するとセラピーではなく、テラピーになります。

アロマ(aroma)はギリシャ語で香辛料を意味します。テラピエ(thrapie)はギリシャ語のセラピュア(治療)を意味します。

香りと治療のふたつを足した合成語がアロマセラピーというわけです。よって、英語読みではアロマセラピー、

フランス語読みではアロマテラピーとなるだけで、両者に違いはありません。ちなみに日本語では「芳香療法」と訳されています。

精油というとヨーロッパ生まれというイメージが強いですが、日本にも昔からアロマセラピーがあったのはご存知でしょうか?

例えば、柑橘類のユズの実を入れてわかした風呂に入浴する「ユズ湯」がそれです。ユズの実や柑橘類の実や皮をお湯に入れると、

実や皮にふくまれる精油成分が抽出し、湯気に芳香がただよいます。これはレモンやグレープフルーツなど柑橘系の精油と基本的には同じものなのです。



当サイトの人気ランキング

足のハワイロミロミの施術方法は?
ハワイアンロミロミの施術師とは?
ポラリティセラピーとは、どんな療法?
ポラリティセラピーの効果と方法は?
トリアメンズレーザー脱毛器!
きなりサプリを購入する前に、辛口の口コミと評判は?
「ベルブラン」ニキビ用美容液の口コミと評判!
腕時計買取サイト・高値一括査定で最短即日振込!
胸を大きくする(豊胸)方法にサプリのベルタプエラリア!
すっぽん小町サプリの口コミと評判!
蔵出しごま酢を購入する前に辛口の口コミと評判を見てから!
RED BA(レッドビーエー)化粧品の口コミと評判!
手汗を抑えるパウダー「ファリネ」の口コミと評判!
洗顔バームクレンジングを購入前に、辛口の口コミと評判を見てから!
ブブカ(bubka)育毛剤の効果と辛口の口コミ、購入前にチェック!







naminori0410 at 21:33│Comments(0)TrackBack(0)clip!アロマテラピー 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク