座って行うマッサージの方法?

座って行うマッサージの方法?

座って行う15分間マッサージならばクライアントが衣類を脱ぐ必要がありません。この場合はマッサージオイルを使いません。

まず、机の手前に椅子を置き、クライアントに座ってもらいます。背筋を伸ばした正しい姿勢を取ってもらいましょう。

力を抜いてリラックスできるようクッションかタオルを敷きます。

オンサイトマッサージでは、クライアントのそばにバーナーを用意し、ストレス解消に適したオイルブレンドを焚いて芳香を吸えるようにします。

支障がなければクライアントが選んだ音楽をトリートメント中にかけてもよいでしょう。マッサージの最後に水かハーブティーをカップ1杯出します。

セラピストがオフィスがクリニックを訪ねてマッサージをするなど聞いたこともない時代もありましたが、

プレッシャーが多い現代のライフスタイル下では多くの会社がスタッフにこのトリートメントを勧めています。

忙しく働いて退社後にサロンでアロマセラピーマッサージを受けたい人も当然いるでしょう。

しかし、長時間労働のためにそれが無理な場合も多いのです。コンピューター画面の前で何時間も過ごした後で首や肩をほぐす効率的な方法といえば、やはり座って受けるマッサージでしょう。

気をつけていただきたいのは、女性は髪を直す必要があるのでヘッドマッサージをあまり好まない点です。しかし、男性は頭、首、肩のマッサージを大変喜びます。

座って行うマッサージの一番ポピュラーな時間帯は昼休み、食事前です。マッサージが済んだ後に行うとよい肩の運動もいくつかあります。









トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク