アロマテラピーで花粉症対策?

アロマテラピーで花粉症対策?

春先には風の吹く日が多く、ホコリが立ちやすくなります。アレルギー性疾患の人にとってはこれが大敵です。


薬で抑える方法もありますが、アレルゲンを避けるため毎日のセルフケアも大切です。


花粉症の基本は、まず花粉を身体に付けないこと。マスクを少し水で湿らせると花粉の侵入がおさえられます。


付いてしまった花粉はこまめに落とすようにしましょう。


外出から戻ったら手洗い・うがい・洗顔で流します。また、窓やドアの開け閉めは意外な落とし穴。


家の中に入れないという注意も大切です。同じ理由で、外に干した洗濯物や布団の要注意でしょう。


そこでマスク使用時の保湿にも部屋の加湿にも役立つ「花粉対策スプレー」を作ってみませんか。


ユーカリは、穏やかな刺激と爽やかな香りが特徴の呼吸器を守る精油です。花粉がノドにつくと、痒みのような違和感を感じます。


粘膜にも穏やかなティートリーの精油で、うがい液をつくりましょう。ぺパーミントとワセリンで作る「鼻孔クリーム」もおすすめです。


ペパーミントに含まれるメントール成分が鼻の粘膜を心地よく刺激します。鼻の通りをよくするには「蒸気吸入」もいい方法です。


熱いお湯に精油を落とし、立ち上る湯気を鼻から吸いこめば、温かい蒸気が粘膜をやさしく包みます。










トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク