痛みを和らげる「触れる」というタッチの意味は?

痛みを和らげる「触れる」というタッチの意味は?

アロマオイルトリートメントやリフレクソロジーを手当てといわれ、肌に触れる事の重要性を説いています。

「触れる」ことによるタッチの信号は、痛みの信号よりも早く脳に伝わることが分かっているため、

痛みのメッセージをブロックし、和らげることが出来るとされています。

痛覚は、脳全体で感知されると考えられているため、タッチが効果的なのです。

外科的処置や薬理的処置が必要な場合はこの限りではありませんが、冷やしたり暖めたりという

シンプルなケアが行える場合には、その働きを実感でき、さらに外科的処置を含めた対処の補完療法として活用できます。

2005年に発表されたマイアミ大学の研究を例にあげると、皮膚に火傷を負ってトラウマを抱えているこどもに

30分のマッサージを行うことで、不安を軽減し、リラクゼーション度を高められることが分かっています。

これは、治癒を進める上でも大変有用的という結論になり、赤みや傷を軽減するための助けとなっています。









トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク