ポラリティセラピーとは、どんな療法?

ポラリティセラピーとは、どんな療法?

ポラリティセラピーとは、体のプラスの気とマイナスの気を利用して生体バランスを整え、自然界と同じく人間も空・風・火・水・地のエレメントから成り立っているセラピーのことをポラリティセラピーといいます。


健康とは、魂が心と体を通して自由に表現されている状態です。体と心と精神が一つの生命体として調和し、幸福感に満ちている状態です。


これは、ポラリティセラピーの創始者、アメリカ人医師のランドルフ・ストーンの言葉で、このセラピーの基盤となる健康観です。


ポラリティセラピーは、人間の磁場のポラリティ(極性)を利用して、エネルギー(気)の流れとバランスを良くすることにより


心身の健康を図るホリスティックなセラピーであり、アーユルヴェーダなどの東洋の伝統医学と、西洋のオステオパシー医学や自然療法との統合から生まれたエネルギーワークです。


ポラリティセラピーでは、人間を肉体と感情と思考のエネルギーが複合したエネルギーシステムと捉えます。
生命エネルギーの低下や気の流れの滞りは、体のみならず心や思考に反映し、痛みや病気となって現れたり、
精神的な不調を引き起こします。


エネルギーの滞りを無くし、その人本来の自然な気の流れを回復することにより、自然治癒力を高めて健康の促進や病気の回復を助けるのが、ポラリティセラピーの目的です。









トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク
プロフィール

namitan