タイスタイルの3つの基本手技とは?

タイスタイルの3つの基本手技とは?

タイスタイルには「Walking(歩く)」「Streching(伸ばす)」「Rocking(揺らす)」の3つの基本手技があります。


タイスタイルはオイルトリートメントのようなストロークが出来ないため、タイ古式マッサージで行うような独特のリズムで、手を使ってゆっくりと体の上を歩いて圧をかけていきます。


その際に、相手の呼吸を感じながら、自分の呼吸もゆっくり深く行う。全身の力を抜きながら、手を体に沈ませるように、ゆっくりと歩きます。


オイルによる施術では、ディープティシューマッサージのように深層部に働きかけるテクニックが多いです。


一方、タイスタイルの場合はオイルを使わないため、ストレッチを加えることで、筋肉の深層部にアプローチをします。お客様にお声掛けして気持ちのよいところを探しながら施術します。


最後に、ロッキングとは施術の合間にゆらゆらと体を揺らすことで、傷みなく筋肉の緊張を緩めることが出来るテクニックのことです。


これらの3つの基本手技を組み合わせることによって、またサロンの環境やお客様の特徴によって何通りもの手技を開発することが出来るのです。


そして、オイルトリートメントでは実践しにくい、アクロバティックでダイナミックな手技が出来るのもタイスタイルの特徴です。











naminori0410 at 13:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!マッサージの種類 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク