フラワーエッセンスとアロマセラピーの違いは?

フラワーエッセンスとアロマセラピーの違いは?

アロマは、植物の花や葉等から抽出して作ります。物質としての精油の成分を直接使うのがアロマセラピーです。


つまり、からだにトリートメントをすることで、肌からダイレクトに物質として作用させていくものなのだそうです。勿論、その植物が持つ波動部分もありますので、波動としての作用も持ち合わせています。


少し難しい説明ですが(笑)


従って、アロマは物質的なものと波動的なもの、両方を持ち合わせているのですね。一方、フラワーエッセンスは抽出をしないので、物質的なものを一切もちません。


波動だけの成分があるものと理解できます。


フラワーエッセンスは、波動だけの成分を持っていて物質的なものを一切含みません。それは、植物の波動成分を水に写したものとなります。


これを「転写」というそうですが、水がその波動成分を「記憶する」のです。水は情報を記憶する能力がある、といえます。


しかしながら、この振動数や転写といった現象を図る術が今の科学にはありません。


このように、残念ながら現代の科学では証明出来ていません。けれど、自然の波動といった概念や転写といったものも可能性をゼロと捉えてしまったら今後の科学や世界の進展はないのです。


いろいろな波動療法も、いつの日か可能性を証明できる日がやってくるかもしれません。










トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク