癒しとストレスの不思議な循環

癒しとストレスの不思議な循環

癒しとストレスの相互関係は、アロマ療法の重要な特徴です。ストレスを感じた脳は、これに対するために、抗ストレスホルモンの分泌を促します。


ちなみに、抗ストレスホルモンとは、不安、恐怖、心理的負担などを感知したときに分泌される、ホルモン(伝達物質)のことです。例えば、目の前の問題に立ち向かうために、興奮を高める反応を起こしたりします。


それが過剰になると免疫系や自律神経のバランスを崩し、身体の不調が現れます。これは心身症といわれる状態です。「これは精神疾患(うつ病)とは違う」。


医療の場合、治療や薬物投与で不足分を補いますが、治療や通院自体がストレスとなったり、薬物には副作用の問題もあります。


アロマセラピーの場合は、施術自体をリラックスして楽しめる他、薬に比べて作用は弱いものの、副作用の危険も軽微です。


日常生活で安心して使えますし、本格的な医療行為と併用することで、手術や治療のストレスを軽減できるというのが最大の魅力です。









naminori0410 at 13:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!ストレス 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク