アーユルヴェーダの資格はインド留学で?

アーユルヴェーダの資格はインド留学で?


アーユルヴェーダとは、アーユル(生命)とヴェーダ(科学)という
2つの語から生まれた言葉であり、現存している最古の文献は、6世紀に
書かれたとされる「チャラカ・サンヒータ」だが、起源は紀元前8世紀ごろで
あるといわれている。


そんなアーユルヴェーダであるが、施術者になるために
資格はどのように修得すればよいのでしょうか?


現段階では、アーユルヴェーダの資格を取得して、サロンを
開業する人は少ない。


すでに、はり師、きゅう師や整体師の資格を持っていたり
エステティシャンとして働いている人が、仕事の幅を広げる目的で
アーユルヴェーダの資格を取得するケースがあるくらいか?


日本アーユルヴェーダ学会をはじめとする関連組織や
スクールで、アーユルヴェーダを体験的に学ぶことができる。


スクールの卒業生や学会の会員が、アーユルヴェーダを用いた
サロンやクリニックを経営していることも多く、就職や開業の
相談をすることも可能のようです。


また、本場インドへの留学という道もあるが、語学力や受け入れ先を
確保する必要がある。


その問題をクリアした上で、チャレンジしてみる価値はあるだろう。


インドの小物に興味のある方は
>>>インド雑貨・アジア雑貨-TIRAKITA







naminori0410 at 13:23│Comments(0)TrackBack(0)clip!アーユルヴェーダ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク