フーレセラピーとは、そのやり方は?

フーレセラピーとは、そのやり方は?

フーレセラピーとは、1990年代に生まれた新しい療法で
手の3〜4倍という力をかけることができるといわれる「足裏」を
使った療法です。


その源流は、古代中国の修行僧が行っていたといわれる
「足経術」という治療法にあります。


フーレセラピーのやり方としては、一番の特徴は施術に
足の裏を用いることです。


足の裏で、背中から、肩、頭まで全身をくまなく揉みほぐし
血行・リンパの流れを正常な状態へと戻していきます。


フーレセラピーの効果としては、内臓の機能を活発化させ、
新陳代謝を上げることから腰痛や肩こり、便秘、冷え症、むくみ
といった症状にも効果があり、美容や痩身の手段としても注目されています。


フーレセラピーのやり方は、点ではなく、面で接するために
広範囲で筋肉を刺激することができ、圧力が拡散されて伝わるため
揉み返しが起こりにくいといわれています。








naminori0410 at 13:26│Comments(0)TrackBack(0)clip!癒しの資格 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク