ドイツでは、フィトテラピー(植物療法)が盛ん?

ドイツでは、フィトテラピー(植物療法)が盛ん?

ドイツではフィトテラピー医学(植物療法)が文化に根付いているようで、
ハーブに関する研究が盛んなようです。


植物の種類や採取時期、濃度(原液からホメオパシーの希釈液に至るまで)
など、さまざまな条件下でのデータが蓄積されていて、
医療現場での貴重な情報源となっています。


フィトテラピーには、ハーブの他、食事の改善、運動の指導
アロマテラピーやフラワーエッセンス、ホメオパシーなども
使われることがあり、病人への全体的なアプローチが
求められています。


ドイツでは、植物療法は国家資格であるハイルプラクティカ(自然療法)の
必修科目ともなっており、現代でも、国家資格を持つ医師の8割近くが
症状の初期段階では、ハーブを処方するようです。


またドイツでは、薬効効果のエビデンス(根拠に基づいた医療)を
国で研究しており、伝統的に使われてきたから、という
曖昧な理由だけでは「メディカル・ハーブ」としては
認められていないそうです。


薬効成分の分析とともに、実際に治癒や臨床で治療効果が
確認できたハーブだけが医薬品ハーブとして効果効能を
うたうことが出来るのです。










naminori0410 at 13:25│Comments(0)TrackBack(0)clip!ヒーリング療法 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク