ヘッドマッサージとは「インディアン・ヘッドマッサージ」の関係は?

ヘッドマッサージとは「インディアン・ヘッドマッサージ」の関係は?

ヘッドマッサージは、もともと毛繕いの方法としてインドの
女性によって発展してきたそうです。


髪の毛を光沢のある美しい髪にするために、ココナッツオイル、
セサミオイル、アーモンドオイル、オリーブオイル、ハーブオイル
などを季節ごとに使い分けてきたそうです。


ヘッドマッサージは頭皮にオイルを行き渡らせる助けをするので
髪の先端までコンディションが良くなり、髪の毛を守ります。


更に頭皮のマッサージが血液の循環をよくするので
蓄積された毒素は取り除かれ、根元から髪を養います。


ヘッドマッサージは目的により、やり方が異なり、髪のケアよりも
頭皮を刺激し、身体や精神のリフレッシュを主にする場合もあります。


現代の日本人が使う「シャンプー」という言葉は
ヒンズー語の「チャンピー」を語源としているそうで


この「チャンピー」という言葉の意味は
「インディアン・ヘッドマッサージ」のことなのだそうです。


だから「シャンプーをする」というのは、「ヘッドマッサージをする」
という意味なのだそうです。


ヘッドマッサージとインディアン・マッサージにこんな関係が
あったなんて知らなかったですね。









naminori0410 at 13:25│Comments(0)TrackBack(0)clip!ヘッドマッサージ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク