精油の蒸留方法は、水蒸気蒸留法?

精油の蒸留方法は、水蒸気蒸留法?

精油の蒸留方法って知っているでしょうか?
柑橘系以外のほとんどの精油は水蒸気蒸留法で作られます。


これは、原料となる芳香植物を蒸留がまに入れ、そこへ水蒸気を通して
植物を蒸して芳香成分を揮発させます。


芳香成分を含んだ水蒸気は冷却器に集められ、冷やされて液体として
集められます。


この液体は、上方に比重の薄い製油が、下方にはわずかに精油分が
溶け込んだ芳香蒸留水(フローラルウォーター)が溜まります。


フローラルウォーターは製油より作用がマイルドでなおかつ
(5%以下)に精油成分を含むため化粧水や飲料として
用いられます。


ただし、柑橘系の場合、果皮からしぼり出しているので、
厳密にはエッセンスとして製油(エッセンシャルオイル)と区別します。


ジャスミンは溶剤抽出法によってとり出すものでアブソリュートと
呼ばれる方法ですが、これは製油より粘度が高い傾向があり
有機溶剤が完全に除去されていない可能性も高いので
芳香浴で使うのが一般的です。










naminori0410 at 13:27│Comments(0)TrackBack(0)clip!精油 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク