リンパドレナージュとは、その手技は?

リンパドレナージュとは、その手技は?

リンパドレナージュは、言葉の通り、まさにリンパ液を
排出するための手技です。


リンパ液は、血管の静脈だけでは処理しきれない、老廃物や
余剰タンパク質などを心臓に戻します。


それらは最終的には腎臓での処理を経て体外へ排出されて
いくのです。


体重の半分であるリンパ液と細胞間液の流れが悪くなると
有害物質の処理が滞り、むくみや疾患が起こりやすくなって
免疫力も低下してしまいます。


また、体重は感情をも内包するといわれており、リンパ液や
細胞間液の流れがよくなり、浄化が行われると、感情や心の
バランスをとりやすくなります。


手技としては、素手またはパウダーを使用します。
首周辺のリンパ節、リンパ管を重点的に施術した後、リンパ液の
最終ゴール地点である胸管と右リンパ本官を開き、リンパ液の
流れをスムーズにしていきます。


全身のリンパ管の70%が皮膚真皮層にあるため、基本的に
「ポンパージュ」と呼ばれる、皮一枚を優しく動かすような
デリケートな手技で、体表面を張り巡らすリンパ管を軽く
動かしていくのです。










トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク