リラクゼーションサロン開業の営業許可、届出は?

リラクゼーションサロン開業の営業許可、届出は?

リラクゼーションサロンを独立開業する場合は、他の業種と違い
特別な営業許可は何もいらないそうです。


例えば、飲食店を開業する場合には、保健所や消防署などに
様々な書類を届け出しなければなりませんが、


リラクゼーションサロンは税務署に開業届を
出すだけで済みます。


個人事業主として、確定申告を行うには、開業後
1ヵ月以内に開業届を税務署に提出します。


確定申告と聞くと、計算や申告書の仕方が難しそうに思えますが
書き方はとっても簡単のようですよ。


まず、必要経費の方は、受け取った領収書類を通信費や
消耗品などと科目ごとに分け、1年分の金額を集計します。


次に、売上は、書き控えの帳簿、または領収書から計算します。
最後に合計した売上から必要経費を差し引いたものを
「収支計算書」に書きこめばよいのです。


書き方や作り方は、税務署からくるサンプルを見て作成すれば
誰にでもできるようになっているから安心だそうですよ。


リラクゼーションサロンを開業して、個人事業の営業から法人事業の営業に
なると、労務保険関係の手続きが必要になりますので、注意しましょう。













この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク