乳児や幼児に対するリフレクソロジーの施術の方法は?

乳児や幼児に対するリフレクソロジーの施術の方法は?

リフレクソロジーを乳児や幼児に施術する場合は、乳児が楽に
耐えられる部分によって、手と足のいずれか、または両方の施術を
選ぶことができます。


どちらの場合も、乳児や小さな小児の足や手の反射区は非常に
小さいため、大人の場合よりもさらに精密に施術を行わなければ
なりません。


しかし、大きさの違いはあるものの、施術のやり方は大人の場合と
ほとんど同じです。


乳児や幼児は大人に比べてリフレクソロジーに速く反応することが
多いのですが、これはおそらく身体に生まれながらに備わった
自然治癒力がまだ失われていないためだと思われています。


乳児や幼児は、エネルギーの流れの閉寒の解消も正常なエネルギーバランス
の回復も大人よりも簡単なのです。


リフレクソロジーは、実際には病気は重くないものの、苦痛の大きい
厄介な症状、例えば、乳歯が生える時の痛みや、乗り物酔いといった
問題のある小児に効果的です。


また、不安などの情諸的な問題や、喘息やその他のアレルギーなどの
慢性的な症状への対処にも有用です。








トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク