リフレクソロジーの年齢や状態別の施術方法は?

リフレクソロジーの年齢や状態別の施術方法は?

リフレクソロジーはあらゆる年齢層に恩恵を与えることが
できますが、年齢層や状態別によりアプローチは異なる場合があります。


妊婦への施術は特別な注意と十分な経験が必要で、妊婦は専門家の
指導なしに自分で施術するべきではありません。


乳児や小児はたいていの場合リフレクソロジーによく反応するのですが
施術時間中ずっと辛抱強く座っていることを彼らに期待する事は
非現実的ですから、1回の施術は通常より短めにすることが多くなります。


高齢者はリフレクソロジーの中の身体的な接触の要素を好むことが
多いものですが、この身体的な接触により、程度を問わず様々な身体の
不調の軽減を助けることができます。


原則として、乳児や小さな子供への施術は、大人と同じですが
実際には、大人と子供では、いくつかの違いがあります。


症状や食生活などについての話し合いの大半は施術者と子供を
施術につれてきた親または他の大人の間で行われることは明らかですが
年長の子供では特に内気でない限り自分の意見を言いたい場合もあるかも
しれません。


そんな子供は、上手に言いたい事を促す環境作りがとても大切になります。











トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク