リフレクソロジーの手の施術の動きは?

リフレクソロジーの手の施術の動きは?

リフレクソロジーの手への施術の場合は、手は足に比べて感受性が
低いことが多いことから、より強い圧を用いる必要があるかもしれませんが
人によっては足よりも手の感受性が強く、足よりも小さい圧が必要に
なる事があります。


リフレクソロジーの施術中は、手の親指は常に相手の皮膚に触れて
いるべきで、ある反射区から次の反射区へ移動する場合は、
徐々に小さくステップを踏むように移動します。


各反射区間の距離は非常に短いため、あるポイントから
別のポイントへの移動は非常に精密な行わなければなりません。


重要なことは、出来るだけ手の親指を伸ばさないようにすることです。
施術の間中、親指を一定の角度に曲げておくことで、施術者は
疲れることなく圧をコントロールすることができるのです。


この動きをしやすくし、手の親指が皮膚の上でひっかかることなく
滑らかに動くようにするために、施術を行う相手の足や手に軽く
タルカムパウダーをつけます。


マッサージとは異なり、リフレクソロジーではオイルを皮膚に
塗ることはありませんが、これは、持続的な圧をかけたり、反射区を
移動する際に必要と去れる線状の動きをすることが難しくなるためです。









トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク