リフレクソロジーの施術のやり方、圧の種類は?

リフレクソロジーの施術のやり方、圧の種類は?

リフレクソロジーの初心者は、どのくらい圧をかけたらよいのか
不安に思うことが多いものです。


施術の圧のやり方が、弱すぎると効果が少なくなり、
強すぎると不快感を引き起こし、極端なケースでは相手に痛みを
与えることになります。


これが適切であるといえる圧の程度は決まっていません。
むしろ、受け手の反応を観察に基づいて用いる圧の程度を
調節するのはリフレクソロジストの問題なのです。


一般的なガイドラインとして、圧はしっかりしたものでなければ
なりませが、強すぎてはならず、しっかり圧をかけようとするあまり
疲れを感じるほどであってもなりません。


施術にたいする感受性は人によって大きく事なります。
比較的軽い圧でも不快感を覚える人がいれば、かなり圧をかけても
あまり感じないという人もいます。


対応する身体部分が適切に機能していない場合、特定の反射区に
圧痛を感じる傾向がありますから、その場合はより軽い圧を
必要とすることがあります。


この点は、リフレクソロジストとしての経験を積み、次々と返ってくる
受け手からの反応に合わせて圧の程度を調整できるようになれば
あまり問題ではなくなります。









トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク