メイクアップアーティストの給料は?

メイクアップアーティストの給料は?

メイクアップアーティストと、一言でいっても
とても幅の広い範囲を指しています。
そのジャンルによって給料も当然違ってきます。


女性を綺麗にする職業には、美容師、ネイリストなどがありますが、
メイクアップアーティストもその中の1つです。


一概にはいえませんが、給料と収入メイクアップアーティストの給料は、
勤務先の給料にもより異なります。


給料はピンキリですが、相場で180〜400万円くらいとされています。
メイクアップアーティストとして有名になれば、年収数千万といった額も夢ではなく、
どの時代にとっても若者に人気のある職業です。


最近ではテレビや雑誌などにも良くとりあげられ、話題になっている職業ですよね。
実際のメイクアップアーティストとは、どのような仕事をしているのでしょうか。


メイクアップアーティストとは、テレビ、映画、CM、雑誌、舞台、
ファッションショーなどで、タレントや出演者にメイクを施す技術者のことを指し、
ファッションや状況に合わせ多種多様な能力が必要です。


ちなみに特段資格は必要ありませんが、理容師・美容師養成施設や
メイクの学科・コースを持つ養成施設で学び、メイク専門の会社に就職し、
テレビ、映画、CMなどの現場を体験することで実力をつけるケースがあるようです。


フリーとして活躍する道も開かれていますが、ある程度の現場体験をして、
実力が認められた後にフリーとなる場合が多いようです。


メイクアップアーティストには、カウンセリングを行うという要素もあるので、
メイクの実力に加えてコミュニケーション能力も必要。


スタイリストやカメラマンなど多くの人たちと仕事を進める場合もあり、
社交性や気配りができる細やかさが実は一番大切な能力かもしれません。










トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク