アートセラピーの資格は民間資格?

アートセラピーの資格は民間資格?

アートセラピーは芸術療法ともいわれ、自由に自分を表現する創作活動の中で癒しや気づきをもたらし、
あるいは芸術を通して人との交流・ふれあいをもつ中で本来の自分を取り戻していきます。
そんなアーチセラピーの資格は、どうなっているのでしょうか?


アートセラピーは心理療法の一つで、アートセラピストにも、
それを証明する資格は存在してはいますが、国家資格のような公的に認められたものではなく、
不特定の民間団体が発行している民間資格のみです。


アートセラピーを行うにあたっては、やはり人に教えられる程度の芸術スキルが必要です。
ただ、特に資格は必要ないのです。


ですから、単に「アートセラピーの資格を持っています」と言っても、
その資格を発行した民間団体からしか保証されていないので、
世間的なアピール度としては、少し弱いかもしれません。


ただ、実際の医療現場でアートセラピーの有用性が実証され、
アートセラピー自体が必要とされてきていることは確かです。


もしあなたが将来、アートセラピストを生業として活躍したいという思いがあるのであれば、
少し回り道ですが、関連しそうな分野で多くを学び、将来的にアートセラピーの仕事に
シフトチェンジして行く、という方法もあると思います。









トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク