シンギング リンとは音楽療法の楽器だそうです!

シンギング リンとは音楽療法の楽器だそうです!

最近、代替療法として、アロマセラピーだけでなく
音楽療法やシンギング リンなどを取り入れる総合医療を行っている
クリニックが増えてきているそうです。


では、シンギング リンとは、何でしょうか?
シンギング リンは古くからインドで音響療法に使われていた チベタンボウルと
日本伝統のリンを合わせた楽器です。

こんな感じです。
>>>シンギングボール


「ウォ〜ンウォ〜ン・・・」という不思議な音を出し、それを聴いているとなんだか座禅をしているように心が落ち着いてくるのです。
実際、脳波の測定をするとベータ波(覚醒)がアルファ波(リラックス)やシータ波(深い瞑想状態)に変化するそうです。


人間の心と体と魂は、本来、その細胞一つひとつが、振動し調和していますが、
病気やストレスなどで体調を崩すと振動に混乱や葛藤が生じ、不協和音を奏でます。


「シンギング・リン」の振動に共鳴すると、本来の状態にチューニングされて、右脳と左脳のバランスが整い、
落ち着いた状態を取り戻し、自然治癒力高まり、安らぎで満たされます。


また、すぐに瞑想状態に入る手助けをし、集中力をアップさせ、
創造性や想像力の活性化を促します。
さらに免疫力を高め、体の内側からエネルギーを増幅させる道具としても最適です。

>>>シンギングボール











naminori0410 at 14:24│Comments(0)TrackBack(0)clip!ヒーリング療法 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク