ネイルアートのやり方次第で、美しさが変わる?

ネイルアートのやり方次第で、美しさが変わる?

ネイルアートはやり方次第でプロ顔負けのネールアートができます。
簡単ネイルアートの画像かなんかを真似てみて、自分のやり方でやっている人は
多いと思います。


爪の形を変えるだけでもぐっと印象が変わったりしますよね。
基本のやり方を抑えておくと、ネイルアートがさらに美しく見えるポイントがわかってきます!


ネイルアートの歴史は古く、紀元前3000〜4000年ごろの古代エジプトには、
すでに爪に着色をする文化があったことがミイラなどで確認されてたりします。



そして、現在のようなネイルアートが広まったとされているのは18世紀頃のヨーロッパ
だそうです。



日本には平安時代に伝来し、ホウセンカやベニバナの花の汁を用いたやり方で爪に
色をつけていたそうです。
江戸時代には遊女が行っていた事が知られています。



19世紀にアメリカで自動車用のラッカー塗料が発明され、
この技術を応用して現在使われているマニキュアが開発された。



現代のネイルアートのやり方は、自爪にネイルアートを施す際、付け爪の場合は
付け爪の形を調整し、同様の手順で付け爪に装飾を施した後に自爪に貼り付けというやり方です。










naminori0410 at 20:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!ネイルアート 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク