リンパドレナージュとニキビの関係は?

リンパドレナージュとニキビの関係は?

リンパドレナージュとニキビは、関係がないようですが、実は
リンパドレナージュは、意外なようですが、皮膚炎にも効果があるといわれます。
この皮膚炎の1つがニキビでもあるのです。


ただし、皮膚炎(ニキビ)では皮膚を摩擦するリンパマッサージは使えません。
その場合は、叩いたり、押したり、揉んだりする事になります。
しかし、その程度でも皮膚炎(ニキビ)の状況にあわせて行うことになりますので注意してください。


特にニキビ痕を改善するために、リンパドレナージュを利用する人は多いのです。
ニキビは治っても、進行していると、痕が残りやすくなります。
ニキビ痕には、でこぼこになるタイプ、赤くなるタイプ、色素が沈着してしまうタイプなどがあります。


またリンパドレナージュによって、リンパの流れだけでなく、
皮膚にあるコラーゲンやエラスチンなども回復してきます。


さらに、血行が良くなることで皮膚組織の代謝がよくなり、
色素の沈着も排除されていくので、ニキビ痕がどんどん改善されていくのです。


リンパドレナージュとは、それぞれリンパ浮腫などが起こっている部位に応じて、
そのマッサージ方法を変えると効果が違ってきます。また、同じ部位であっても、
一人ひとりリンパ浮腫の程度は違いますし、筋肉のつき方や体力、皮膚の状態も違っています。


特に、皮膚の状態は様々で、リンパ浮腫の種類によって皮膚は硬くなっていきますが、
その程度も人によって違います。


さらに皮膚が硬くなっている上にひどい乾燥肌になっていたり、皮膚が弱っている場合などもありますね。
このような場合は、パウダーやクリームなどで皮膚を保護する事もあります。


通常、リンパドレナージュを行う場合は、そのような肌を保護するクリームなどは用いず、
直接手のひらを肌に当ててマッサージします。










トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク