アニマルセラピーは、高齢者介護などに役に立つ資格です。

アニマルセラピーは、高齢者介護などに役に立つ資格です。

アニマルセラピーの資格が今人気になっています。
基本的に犬や猫の好きな人が多いように、動物には人を癒す力が
ありますよね。


そんな動物の力を利用したのがアニマルセラピーです。
その資格を持っているのがアニマルセラピストといいます。
高齢者介護や老人ホームでも取り入れているところがあります。


アニマルセラピーとは、犬や猫などの動物とのふれあいによる
癒し効果を、心身の健康増進に役立てようとするセラピーです。


動物のすきな人にはたまらないアニマルセラピーですが、資格は
どうなっているのでしょうか?


資格を取るとアニマルセラピストと呼ばれますが、医師や心理学者もアニマルセラピーの効果に着目し、
重症心身障害者施設や老人ホームなどでアニマルセラピストの需要が高くなっています。
重症心身障害者施設や老人ホームなどで求人を募集しているケースがよくあります。


アニマルセラピストとして働くには、医学、獣医学、心理学などの専門知識を大学で習得しており、
介護福祉士や看護師、理学療法士といった資格を有していると有利である。


ちなみに、アニマルセラピストとは、アニマルセラピー(ペット療法)を行う人をさす。
つまり、主に犬や猫などのペットとの接触によって、心身の健康を回復させようという治療法を行う人のこと。


アニマルセラピーは、アメリカでは1970年代から試みられていたが、日本では1986年に日本動物病院福祉協会が
「人と動物のふれあい運動(CAPP)」として始めたことが起源。


アニマルセラピストは、ペットや動物たちの癒しの効果を利用して、
レクリエーションを行う。


病んだ人やストレスを抱えた人が、動物たちと触れ合うことで、
情緒の安定、ストレス発散、意欲向上、痛みの緩和等に効果が期待できるといわれている。










トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク