ネイルアート資格の取得方法は?

ネイルアート資格の取得方法は?

ネイルアートの資格を取得すると、ネイリストと呼ばれ
活躍することができますが、では、今人気のネイルアートとは何でしょうか?


ネイルアートとは、手足の爪に施す装飾すべてを指します。
そうなるとマニキュアも一応ネイルアートに入ってくるのですが、
一般的なイメージとしては、色を塗ったあとの爪に何か施したものが
ネイルアートということで定着しています。ネイルアートの種類は様々です。


ネイリストになるのに、厳密に言うと資格は必要ではありません。
けれど、プロとして活動するには技術を身につけている必要があり、
そういう意味ではネイルアートを仕事にするには、ネイリスト技能検定を受検して
ネイルアートの資格を取るほうがよいといえるでしょう。


ネイルアートの資格を取りたいと思い始めたのはいいのですが、資格を取る為の方法が
わからない場合がありますよね。


ネイルアート資格の取得方法は一般的にネイルアートの資格はJNAネイリスト協会が認定する
「ネイリスト技能検定試験(JNE)」に合格することです。


1級から3級まであり、筆記試験と実技試験の2つがあります。試験の行われる時期は毎年春と秋の年二回です。
3級はネイルアートやネイルケアに関する基本的な技能があればまず問題なく合格できるでしょう。


ネイルケア&カラーリングの実技と爪の衛生や健康・構造、ネイルケアについての筆記試験があります。
2級になると、ネイリストになる為の専門的な技能が必要になってきます。


チップ&ラップやテクニックを必要とするネイルアートの技術、リペアやケアについてもより専門的な知識を必要とされます。
3級は実際の合格率は40%以下という厳しい試験です。


3級になれば指導者としても活躍できますし、最高の技術と知識がなければ合格は難しいでしょう。まずはJNEの公式サイトを見て、
試験の方法やQ&Aなどが掲載されていますのでチェックしてみましょう。










naminori0410 at 13:25│Comments(0)TrackBack(0)clip!ネイルアート 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク
プロフィール