森林セラピスト資格検定とは?

森林セラピスト資格検定とは?

森林セラピスト資格検定で取得した、森林セラピストは何をするのでしょうか?


まず、森林セラピーとは、医学や医療システムを背景にした森林内での保養活動一般を指し、
リラクゼーション効果や免疫機能の改善など予防医学的効果を期待するセラピーでし。


医療の実践面ではエビデンスに基づく慎重な対応を図ることが課されています。
将来的には森林セラピーは医療分野の各種療法を担う可能性がありますが、エビデンスが確かなものとなる以前は、
森林内の療法は医師の指導抜きで行うものではありません。


すでに、「森林セラピー基地」と「セラピーロード」は、全国に38ヶ所誕生しています。
森の香りや空気の清浄さ、美しい森の色彩や景観などが人の生理に及ぼす効果について、
医学実験による検証を終え、お墨付きを得ている森です。


各基地では、セラピーメニューが用意され慎重な試みがはじめられています。
来訪者を誘(いざな)うのは、「森林セラピスト」です。
全国統一の資格検定(2009年度開始)森林セラピスト資格検定を了した森林セラピストたちは、
森林セラピーを通じて心とからだの健康を維持・増進していくための補助と助言を行っていきます。


日々の競争社会に疲れたとき、自然の営みの中に身を置くことにより、疲れを癒します。
母なるものの懐に還って心身を癒すと同時に、森の美しさ、楽しさを発見し、
その感激を芸術や文学として表現したくなります。


ストレス社会のいま、母なる存在、森がもつ癒し効果や知的なエンパワーメント効果は、
ますます注目されていくことでしょう。


森林セラピスト資格検定を受けてみるのもいいかも知れません。














トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク