リフレクソロジーの講師の仕事は?

リフレクソロジーの講師の仕事は?

リフレクソロジーの講師になるためには、まず、リフレクソロジーの資格を取得して
その後に講師としての資格を取得するのです。


リフレクソロジーの各団体には、様々なものがあります。
その中で、協会の規定によりリフレクソロジーを教える資格を手にしている人たちがいます。


講師としての仕事は、言葉の通り、リフレクソロジーの先生として
リフレクソロジストを育てます。


リフレクソロジーの講師は、自分自身でスクールを開くことができるのです。
一般的には、大手のリフレクソロジー協会のように、
講師として生徒達に教えている場合が多いようなのですが、
中にはそうでないものもあるのです。


本部にリフレクソロジー協会をおき、後は教える資格を持った人間が
先生という形で、支部制をとっているのです。


○○協会○○支部といった形です。そして、
その支部ごとに自由なやり方でリフレクソロジーを教えているのです。


まあ最低限の基本レベルは同じなのですが、あとは割とその人自身の個性によって、
全く関係のないお店同士のように、
独立した形態なのです。


そして、その支部ごとに授業を行い、最終的な資格の試験ということになると、
本部の先生に資格試験を行ってもらうというものなのです。


しかも、普段はリフレクソロジーサロンとして使っている場所ですから、本当に特別なコストがかからない。
それでいて、独自に生徒を好きなだけ募集するすることができ、空いた時間に教えるだけで、
何十万円も授業料が入ってくるのですから。


教える資格を取るのにかかった費用や、
継続して支払う資金が必要なのかどうかはわかりませんが、
大手の協会よりもかない儲けの高いシステムなのは間違いありません。












naminori0410 at 15:00│Comments(0)TrackBack(0)clip!リフレクソロジー 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク
プロフィール