ラベンダーの種類と育て方を勉強しましょう!

ラベンダーの種類と育て方を勉強しましょう!

ハーブの女王、ラベンダーについて種類や育て方を考えてみましょう。
種類としては、形や性質から4つのグループ(種類)に分けられます。
ラバンドゥラ、ストエカス、デンタータ、プテロストエカスグループになります。
ラベンダーはシソ科ラヴァンデュラ属の植物です。綺麗な薄紫色の花を咲かせます。


ラベンダーの種類も色々ありますが、一番ポピュラーなのがイングリッシュラベンダー。
他にもラバンジン、フリンジド・ラベンダー、フレンチ・ラベンダー、レースラベンダーなど
様々な種類のラベンダーがあり、それぞれに成分や香りが異なります。


ラベンダーの育て方で重要なのは温度管理です。寒さに強く暑さに弱い植物で、日当たりのいい場所を好みます。
育て方のポイントは、風通しのよい場所に置くなどして温度・湿度が上がりすぎないように気をつけましょう。


ラベンダーの育て方でもう一つ注意する点が水やりです。ラベンダーは土が多少乾燥しているくらいがベスト。
水のやり過ぎには気をつけましょう。また、ラベンダーはあまり肥料を必要としない植物です。
年に2回固形肥料を少しあげるだけで十分です。あげすぎは逆に良くありません。


以上のような種類と育て方があるわけです。
アロマオイルでラベンダーを使うときに、この知識がちょっとでも頭に入っていると
応用がきくようになってきますので、覚えておくと役に立つと思いますよ。










トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク
プロフィール