リラクゼーションサロンの開業スタイルは?

リラクゼーションサロンの開業スタイルは?

リラクゼーションサロンを開業する時のスタイルは
どのように考えていますか?


自分一人でサロンを開業するというケースが一番多いかな?
自分がオーナー兼セラピストとなる場合ですが
自分の思い通りのサロンにする事ができる反面、
当然ですが責任と重圧がかかってきます。


同じ関連業種との開業スタイルもあります、共同経営と
いうケースになります、自分は足裏マッサージ、相手はネイルケアでも
いいと思いますし、ヘッドマッサージやリンパマッサージでも
ありだと思います。しかし、どちらかにお客さんが集中した場合など
注意しなければいけない事がたくさんあります。


違う業者の方とのコラボ開業というスタイルもあります。
どういう事かといいますと、カフェや雑貨店などに
スペースを共有して開業するということです。
いろいろな知恵を出せば面白いかもしれません。


また、フランチャイズでの開業する方法もあります。
開業に関するいろいろな部分をフォローしてくれる、
良い部分がありますが、反面、加盟金やロイヤリティは
高額ですし、経営は自己責任が問われます。


いずれにしても、成功するまでがんばる気持ちを持って
やりましょう。成功するまでがんばったら、失敗はありませんから。















トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク
プロフィール