フレッシュハーブティーの入れ方は知っていますか?

フレッシュハーブティーの入れ方は知っていますか?

ハーブティーを効果的に、そして入れ方を上手にすることによって、
リフレッシュ効果、リラックス効果が期待できます。


ハーブティーには、フレッシュハーブティーと
ドライハーブティーがあります。
言葉の通り、「生」を使う入れ方のものと、「ドライ」を使うことの違いです。


はじめての人はまず、好みの1種類のハーブだけを使ったハーブティーから
試すのがいいと思います。


風味の違いが分かってきてから、オリジナルのブレンドハーブティーを
試しても遅くはないと思います。


フレッシュハーブティーの上手な入れ方は、初めにティーポット、
カップはあらかじめ温めておくといいでしょう。


ハーブは若い葉を選び、洗って水を切り、大きなものは
手でちぎるか刻んでおきましょう。


そしてお湯は沸騰させておきましょう。


ティーポットにハーブを入れ、上から熱湯を注いでふたをし、
3〜5分おく、葉はちぎっておくと色や香りが出やすくなります。
上手な入れ方の一つは、ちぎることも大切なポイントです。


ほどよく香りと色が出たら、カップに注ぎ、熱いうちに
香りを感じながら飲みましょう。


とっても癒されると思いますよ。


好みで砂糖やハチミツ、ジャムなどを入れてもいいと思います。
上手な入れ方の二つ目のポイントは、ステビアの葉を一緒にいれることに
よって甘味が加わっておいしくなりますよ。


また妊娠中や持病があるときは、飲用を避けた方がよいときもあるので
注意しましょうね。


当サイトの人気ランキング
リフレクソロジーの資格は無料資料請求で情報集め!
日本アロマ環境協会のアロマテラピーアドバイザーの資格!
ロイヤルセラピスト協会で私は資格を取得しました。
(AEAJ)アロマテラピー検定講座を受けてオイルの知識を学びました。
ホホバオイルは、ニキビや吹き出物のトリートメントに!

















naminori0410 at 20:49│Comments(0)TrackBack(0)clip!ハーブ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク