アニマルセラピーとは、その癒し効果は?

アニマルセラピーとは、その癒し効果は?

犬や猫などの動物とのふれあいによる癒し効果を、
心身の健康増進に役立てようというセラピーをアニマルセラピーといいます。


アニマルセラピーの効果としては、特別養護老人ホームでの訪問活動では、長い間無表情だった
老人が動物と接し明るい表現力を回復したとか、


日頃ほとんど記憶を失っていた老人が、動物と接した後、
心を開き、会話を交わすようになったなどの効果が報告されています。


基本的にアニマルセラピーとは動物介在療法(AAT)のことですが、日本ではもう少し範囲を広げて、
アニマルヒーリングである動物介在活動(AAA)や、動物と触れ合うこと、
自宅でペットととも生きていくことなどもアニマルセラピーといわれています。


・動物介在療法(AAT)
治療を目的としての専門的な勉強や知識を得た人が行う医療です。過去の情報から現在の研究データなどから医学的に
「セラピー(療法)」を導き、そのための多くの療法プログラムがあります


・動物介在活動(AAA)
ボランティア団体、個人が、病院、施設などに動物を連れて行き、参加者とコミニケーションを図ってもらいヒーリング効果を
導く活動をいいます。


動物介在活動を行う側には衛生面などの配慮が必要で、動物については健康に気をつけ、常に清潔にしておくこと、
しつけをしっかりしておくことが求められ、受け入れる側も動物とのスキンシップが
うまく取れる環境を人的にも場所的にも整えておく必要があります


当サイトの人気ランキング
リフレクソロジーサロン開業の秘訣、固定費はかけない!
リフレクソロジーの資格はあるけど、独立開業の注意点は?
ケモタイプとは、同じ精油でも薬効が違うの?
ベルガモット精油の光毒性の原因はベルガプテン?
妊娠中のハーブティーの飲み方はどうすればよいか?







トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク