ローズマリー・ユーカリ精油は、「てんかん」に禁忌?

ローズマリー・ユーカリ精油は、「てんかん」に禁忌?

アロマセラピーや精油の本に、ローズマリーやユーカリの精油の
禁忌に「てんかん」とありますが、


これはどんな症状で、なぜ禁忌になっているか知っていますか?


「てんかん」とは、脳の神経細胞が過剰に脳波を出すことで、
意識障害や麻痺発作が起こる病気の事です。


そのために、刺激の強いローズマリーやユーカリが
禁忌になっているのです。


発作は入眠時に起こりやすい傾向にあるため、
施術する際はやや強めでテンポの良い手技が適していると言えます。


万が一、発作が起きた場合はすぐに救急車を呼び、
気道を確保して体を横にして安静にします。


以前は舌をかまないように口中に布を入れるなど
と言われていましたが、


かえって窒息の恐れがあるので絶対に行わないようにします。


嘔吐などがあった場合は口の中のものをかき出し、
呼吸ができる状態にします。


しかし、「てんかん」の方はご自身で症状を把握している場合が
多いので、クライアントとして出会う確率は低いといえますが、


それでも、無いわけではありませんので、万が一を考えて
おいて損はないでしょうね。


当サイトの人気ランキング
リフレクソロジーサロン開業の秘訣、固定費はかけない!
リフレクソロジーの資格はあるけど、独立開業の注意点は?
ケモタイプとは、同じ精油でも薬効が違うの?
ベルガモット精油の光毒性の原因はベルガプテン?
妊娠中のハーブティーの飲み方はどうすればよいか?







naminori0410 at 17:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!精油 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク