アロマベースオイルの種類はたくさんあるんですよ!

アロマベースオイルの種類はたくさんあるんですよ!

アロマベースオイル、またはキャリアオイルは、エッセンシャルオイルを
肌につける前に希釈するための溶媒です。


種類としては、私が知っているものだけでも10種類以上あります。


ベースオイルとして適当なものは、たくさんありますが
少しずつ違う特性があります。


鉱物油は毛穴をふさぎやすく、すぐに浸透しませんので、
ナッツまたは種子からとれた植物油だけを使ってください。


機械圧搾または、常温搾りの物を買うといいと思います。
加熱や溶剤抽出のものより、植物の栄養素が多く残っているそうです。


マセレイティッドオイル(浸出油)も、アロマベースオイルに
適しています。これは、サンフラワーオイルやオリーブオイルのような
植物油にハーブをつけて、有効成分を浸出させたものです。


ベースオイルは出来るだけ新鮮な物を使い、酸化臭がしたり
2年以上たったオイルは使わないようにした方がいいでしょう。


アロマベースオイルを何種類かピックアップしてみます。


アーモンドオイル(スウィート)は、ベースオイルの中でも人気があるオイル
です。アーモンドはほとんど香りのない軽いオイルで、すぐに
皮膚に浸透します。


アプリコットカーネルオイルは、無臭のオイルで、アーモンドと似た特性が
あります。軽いオイルなので顔や他のデリケートな部分の肌に使う事ができます。


残りのベースオイルについては、あまりにも種類が多いので次回の機会にします。


当サイトの人気ランキング

目の温湿布は効果絶大ですよ!
アロマオイルの効能「ローズ」は女性の味方ですよ!
イングリッシュラベンダーが一番ポピュラーかな?

 
リフレクソロジーブログランキング

矢印.gif 矢印.gif 矢印.gif
にほんブログ村 健康ブログ リフレクソロジーへ















トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク