「エコノミークラス症候群」って聞いたことはあるけど何?

「エコノミークラス症候群」って聞いたことはあるけど何?

たまにテレビで耳にするエコノミークラス症候群という言葉
ですが、どういう症状なのかはまったくわかりませんでした。


しかし、りウレクソロジーの勉強をしている中で
この言葉が出てきました。


どういう意味かといいますと、この症状はめったに起こるものではない
そうですが、長時間同じ姿勢による足の静脈の「うっ滞」が原因で起こるそうです。


「うっ滞」とは血液やリンパ液などが正常に流れずに一定の
場所に滞留してしまうことをいいます。「血栓」とも言うそうです。


このようなうっ滞を防ぐには、足首からひざの方向に
静脈血流に沿ったふくらはぎのマッサージが効果的な防止策だそうです。


ここにフットマッサージとの関係が出てきました。


フットセラピーで足の血流がよくなる
冷え症の改善にもつながります。


しかし、体の中心部である腹部が冷えていると効果が
半減してしまうので、腹部を温めながらトリートメントしましょう。


なぜ腹部を温めるのかといいますと、ちょっと難しくなりますが
「人間は寒さで生命の危機を感じると、まっさきにお腹に血液が集まる
ような仕組みになっているそうである」


健康でお腹が温まっている人は、手足などの末梢血管にまで
ちゃんと血液がめぐっています。


ですので、冷え症の方は足浴だけでなく、同時にお腹を温めることが
非常に大きなポイントになりますので覚えておいた方がいいと思いました。


私も含めてですが^_^;


当サイトの人気ランキング

反射療法とアロマオイルの相乗効果は最強です。
花のエネルギーで心を癒す、フラワーエッセンスとは?
足裏がきれいになれば、体調もよくなり疲れも取れるはず。











トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク