足は「第2の心臓」と呼ばれるくらい重要な場所なんですよ。

足は「第2の心臓」と呼ばれるくらい重要な場所なんですよ。

リフレクソロジーの勉強をしてくると、その奥の深さに
興味が尽きなくなります。


リフレクソロジーを簡単に説明すれば、薬や治療に頼らず
人間が本来持っている「自然治癒力」を高めるお手伝いをしてあげ
健康の増進、維持を図ろうという事です。


「足は第2の心臓」と呼ばれる理由は、心臓から送り出される血液は
身体の隅々までいきわたる過程で全身の細胞や組織に酸素や栄養分を与え、
体内の老廃物などを受け取って、再び心臓へ戻ります。


このとき、からだの末端部分にある足は、心臓へ血液を送り出すための
ポンプの働きをしてくれているのです。


この理由から「足は第2の心臓」と呼ばれているのです。


リフレクソロジーでは、右上に掲載されている「足裏の反射区」
に直接働きかけることにより、血液を本来の状態に戻そうという
技術なのです。


足裏マッサージの方法としては、もともと東洋人は「良薬口に苦し」という
言葉があるように「痛みの強いものほど効く」と考え、強い刺激を好みます。


そのため、東洋式リフレクソロジーは指の関節や棒を使い時には
激痛を伴う程の痛みで刺激を行います。


また環境も重要で、エッセンシャルオイルや、花などの香りを漂わせ
気持ちを「リラックス」させながら行う事が大切となってきます。


当サイトの人気ランキング

リフレクソロジーとはいったい何?
アロマテラピーとは奥が深い
リフレクソロジーの資格を取得










トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク