リフレクソロジーは大きく分けて英国式と台湾式がある?

リフレクソロジーは大きく分けて英国式と台湾式がある?

現在のリフレクソロジーをさかのぼって歴史を調べてみると
20世紀初等、アメリカのウィリアム・フィッツジェラルド博士が
確立したゾーンセラピーです。



ウィリアム・フィッツジェラルド博士は、足や手のポイントを押して
刺激が与えられれば、反射する体の部分の痛みが消え、その痛みを
起こしている状態が改善される事を発見しました。



また博士の知人だった、エドウィン・バウワー博士は被験者の顔に
対応するポイントにあらかじめ刺激を与えておけば、顔に針を刺しても
痛みを感じない事を皆の前で証明して見せました。



ウィリアム・フィッツジェラルド博士は、人間の身体を縦に10のゾーン
にわけ、そのゾーン上にある体の各部分が対応しあっているという考えのもとに
「ゾーンセラピー」を確立しました。



博士の同僚であったショセフ・シェルビー・ライリー博士はこのテクニックを
学び、その後、妻エリザベス、ライリー博士のもとで働く物理療法士であり
学生でもあったユーニス・インガムに教えました。



ユーニス・インガムはゾーンごとに身体の各部が対応するという説に同意
しながらも、より直接的な反応がでる場所があるという結論に達し、
足の上に全身の反射区があることを証明してみせ、ここにリフレクソロジー
が誕生しました。



現在のリフレクソロジーは大きく分けて英国式と台湾式がありますが
アメリカで誕生したリフレクソロジーが西洋に伝わったものが英国式になり
東洋に伝わったものが台湾式になりました。



トリートメントのやり方は全く違うものになりましたが
反射区という考え方は共通しています。







トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク