アロマリップケアでうるおい唇に

アロマリップケアでうるおい唇に

唇は皮膚に比べて水分保持力が低く、乾燥しやすい部分です。とくに冬場はカサついたり、荒れたり、ひび割れたりしやすくなります。リップクリームはみつろうを使い、保湿力が強く、ねっとりとした使用感のアボカドオイルに、植物性バターを加え、しっかり油分を補います。

ゼラニウムは清涼感と甘さを併せ持つ香りです。保存には市販のリップクリーム専用容器を使うといいでしょう。

唇のひどい荒れやひび割れには、リップクリームがおすすめです。小麦胚芽オイルに精油を混ぜ合わせるだけで簡単に作れます。小麦胚芽オイルはビタミン類を多く含み、皮膚組織再生作用・保湿作用にすぐれたオイルです。

パルマローザ、ヘリクリサム、ラベンダースピカの三種類の甘くやさしいフローラルな香りが口元に広がります。

ゼラニウムのリップクリームは、みつろう4g、アボカドオイル8mg、植物性バター2g、ゼラニウム2滴。作り方は、ココット型などの耐熱容器に分量のみつろう、キャリアオイル、シアバターを入れ、湯煎にかけます。次に、材料が完全に溶けた火からおろし、精油を加えて混ぜ、固まらないうちに保存容器に移しましょう。

アロマリップオイルは、材料、小麦胚芽オイル4mg、パルマローザ2滴、ヘリクリサム1滴、ラベンダースピカ3滴。作り方は、ビーカーに小麦胚芽オイルを入れ、精油を加えてよく混ぜ合わせる。適量を手に取り、唇の荒れがひどいとき、1日に2〜3回、少量ずつなじませるとよいでしょう。


歯磨きペースト

精油を使って歯磨きペーストも簡単に手作りできます。重層とグリセリンで作る歯磨き作用のあるペパーミントをプラスして歯を磨くと、スッキリさわやかな香りが口の中に広がります

。歯周炎などで歯茎が痛むときは、ペパーミントの歯磨きペーストで歯を磨いたあと、ホホバオイル四滴にクローブ二滴、ペパーミント二滴を混ぜ合わせたものを痛む部分にすり込むと、痛みが和らぎます。









リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク