身体の毒素はローズマリーなどを塗布するといい

身体の毒素はローズマリーなどを塗布するといい

食べ物は、消化、吸収、排せつというプロセスがスムーズにできるものをいいます。

例えば、漂白を重ねた白いお砂糖や白い小麦粉、人類がここ50年くらい飲んだこと、食べた事がない、たとえば薬品などは消化、吸収はできたとしても、排せつができず、体内や皮膚の下に毒素としてたまります。そのほか感情毒素というものも体調不良の大きなファクターです。

このように身体の毒素は表面上はわからなくても、触ると痛みを伴います。けれども少しケアをすれば改善に向かいます。

そうした変化を自分でつかむこともでき、大きな病気の予防につながります。アロマでは、デトックス作用のあるクリームにローズマリー、ジュニパー、ペパーミントを入れて、痛みを伴う部分に塗布し、マッサージします。

もう一つ、過敏性腸症候群という男性に多い大腸の症状があります。これは下痢が止まらず、外出ができなくなるほどで、アロマでは足湯で対応します。

少し熱いと感じる程度のお湯に15〜20分ほど足を入れますが、この時の精油はイランイランが有効です。

聞くところによると、高層マンションに住むセレブたちにこの症状が多いらしいのですが、理由は幼少期に土と戯れていないので「たくましく生きる脳」が育たないためなのだそうです。

アロマテラピーのオイルの感触や香りは、本能に働きかけて「たくましく生きる脳」を育てる働きがあります。












リフレ・アロマ無料資料請求
スポンサードリンク